イダムは国内文献では「守護尊」と訳されてチベット密教独自の概念のような印象を受ける事が多いが、漢訳文献では普通に「本尊」という訳が充てられているので注意。