高藤聡一郎氏について書いていきます。